スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールを作って取引数量に変化をつけてみよう!



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3029338602469460"
data-ad-slot="3341737434">



皆さん、こんにちは。アキトです。

前回は「損切り」を前提とした取引数量の設定方法についてお話しましたね。
少し間が空いてしまったので、まだの方はこちらをご覧ください。

「損切り」をよく考えて!!トレード数量の決め方

さて、本日はタイトルにあるとおり取引数量に変化を設けてみることについて、考えてみましょう。

少しFXから離れて、皆さんは「マーチンゲール法」をご存知ですか?
ギャンブルの世界では有名です。負けていくたびに掛け金を倍が消していく方法です。
ずいぶんと簡単な言い方ですが、まあ負けが込んでも、最後には利益がでるよ!って考え方です。

でも、これってありそうで、実はありえない!
だって、みんなこれで利益が出るならギャンブル自体成立しませんから。

でも、これを少しアレンジして、前回の「損切り」前提の取引数量設定法を組み合わせれば、自分の調子なんかに合わせて利益を柔軟に増やすことも可能です。

例えば、3連敗したら1000通貨減らす。3連勝したら1000通貨追加。そして4連勝/4連敗以上なら、増減なし!って感じ。

これならその日の調子に合わせて、利益が出そうなら利幅を増やせたりできそうですよね。
でも、絶対に「損切り」を忘れないでくださいね!!
これさえ、厳守すれば元手を失うことはありませんから。

ほかにも、損失許容額を5%として設定して、10万円なら5000円が許容額、1万円の利益が出たら、11万円を元手と考えて5%で5500円を許容額として少し取引数量を増やしてみる。こういう運用もいいんではないでしょうか?「複利」の考え方に似てますね。

1000通貨での取引ではこのような柔軟な取引運用が可能なのです。
小額でも、こつこつと貯めていけば、知らずに資産は増えていきますよ。

大きな利益を目指さず、少しずつ資産を増やしていきましょうね!


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3029338602469460"
data-ad-slot="1865004233">

スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引数量 FX取引高 FX取引とは

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。