FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX取引ビギナー必見!サポートライン、レジスタンスライン!

皆さん、こんにちは。アキトです。
これまで、FX取引に必要な基本的な知識を学習してきましたが、どうでしょうか?

本日も引き続き、基本的事項を開設しますのでお付き合いください。

タイトルにあるとおり、今回は「サポートライン」と「レジスタンスライン」についてです。

前回は「トレンドライン」を学習しましたが、今回はもっと簡単です。
ラインはチャートに水平に、そして基準となるのは際立った「安値」もしくは「高値」です。

「安値」を基準にひくと、これが「サポートライン」となります。
サポート

「高値」だと「レジスタンスライン」ですね。
レジスタンス

<エントリーポイントの指標>
これらの指標は多くのトレーダーが注目しています。そのため、絶好のエントリーポイントです。もし、サポートラインをさらに下がると、大きく値が下がっていく可能性があります。逆にレジスタンスラインを突破すると大きく値が上昇する可能性が生まれます。

ですので、下げトレンドであれば、「サポートライン」から下がったポイントに注目!ここに至ったら「売り」注文。上昇トレンドであれば、「レジスタンスライン」を超えれば「買い」ですね。

<リカク、損切りの指標>
また、すでに持っているポジションの決済の目安にも使えます。上昇トレンドでポジションを持っていれば、「レジスタンスライン」の少し前の値を付けた頃に決済して「リカク」。また含み損を有しているなら、サポートラインのちょっと前の値で潔く「損切り」しましょう。

はじめのうちは、過去1年間での「高値」「安値」、またトレンドの変化が訪れた際の「高値」「安値」。それから、次第に期間を狭めて見ていくといいのではないかと思います。

少しでも、皆さんのお役に立てれば幸いです。

今後も、一緒に勉強していきましょう!
スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引 サポートライン レジスタンスライン

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。