スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金を失う要因を排除しようー投資を始めるにあたってー

皆さん、初めまして。
アキトと申します。ブログに足を運んでいただき、まことにありがとうございます。
興味を持っていただけたら、今後もよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆アキトが心配するのは「老後」です。
 ですが、恵まれた環境にあるわけでもありません。
 アキトはよくも悪くも中産階級です(もうちょっと下かな?)。

 そんなアキトが今後を見据えて、小額から投資を始めようと考えています。
 ここでは、そんなアキトが実践していく小額投資を皆様にご覧いただき、投資を始めようとしていらっしゃる方々のお役に立てればと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、初めての投稿となります。
まず始めに、投資を開始するにあたって、心得ておきたい(おいてほしい)事を書いていきます。

それは、お金を失う要因をまずは排除しておきたいという事です。

ではその要因とは何か?

それは以下の3つです。
 ①「騙される」ということ
 ②「貸す」という行為
 ③「浪費する」ということ

まず、①ですが、多くの騙される方々というのが、実は大半が「自分」には関係ないと考えている人なのです。
そして、②ですが、お金を「貸す」ということは日常でもよくある事なのですが、これが案外返されない事が多いという事を理解しておいてください。
最後に③ですが、これは「無計画なお金の使い方」を避けるということです。

それでは、この3大要因について、もう少し詳しく述べていきたいと思います。

①「騙される」=「詐欺事件」はなぜ起こるのか!?
皆さんは「射幸心」、ご存知でしょうか。私も投資を始めるにあたって初めて出会った言葉なのですが、その意味するところは「人間の心理として幸運を得ることを願う気持ち」ということだそうです。勘の良い人はもうお分かりですね。そう、詐欺事件はこの「射幸心」をくすぐることで、「そんなうまい話はない」と日頃言っている人を思考停止状態におき、詐欺に遭わせるのです。
 「この商品を買えば、3年で倍になる」
 「元本保証でしかも、金利が10%つく」
こういううたい文句をで、先の「射幸心」をくすぐるわけです。

詐欺事件の共通点を上げておきましょう。
 ①「元本保証」をうたう
 ②「高配当」の約束
 ③「仕組みが複雑」ー「新しい仕組み」「画期的な仕組み」をうたう
 ④「ねずみ講」のようなシステムー被害者がまた被害者を生んでしまう

これらをふまえた上で、騙されないためには・・・
「わからないのも」には手を出さない!ということですね。

②「貸す」という行為ーお金を「貸す」とどうなるのか!?
お金を貸すときですが、通常は100円、1,000円といったことが多いでしょう。ですが、問題となるのはいろんな要因から数万円、数百万円、数千万円といったお金を用立てなければならなくなったときです。
たとえば、「会社の経営が苦しい」といった場合などですね。こういうとき、金融機関からは借りられず、金利が若干高くなりますがカード会社へ、それでも無理な場合はヤミ金融へと借入先を替えていくのです。しかし、ヤミ金融へ到達する前に、親族、友人、知人などその人にとって本当に大切な人たちへと目が向かいます。
彼らも見栄もありますから、貸してしまうでしょう。しかし、お金が返ってくる事はまずありません。結果として悪ければ借り主は自殺したり、あるいは「自己破産」するでしょう。そのとき大切な人たちはもういません。そして「貸した人」も裏切られた感がつのります。
お金の貸し借りは、「絶対しない方がいい」のです。

③「浪費するということ」ー「浪費とは?」
皆さんは1年間にどれだけのお金を使っているでしょうか?
それは、簡単にわかります。1年間の手取り金額から手元に残っている金額を引けばいいのです。

どうでした?

案外使っているのではないでしょうか?それも、何に使ったか思い出せない!
これが「浪費」です。
これをふせぐ実践的な方法はお金の使い道を「予算化」することです。
そして、家賃などは自動引落にし、遊ぶお金など自分が管理する必要があるものは封筒に予算額を入れて、「見える化」することです。
自分が重宝しているのがauウォレットです。予算額だけをチャージして、それに達したらもうその月はおしまいです。

以上「お金を失う3大要因」について述べてきました。
まず、お金を増やす前に、減らす要因を排除しましょう。そうしてお金をふやしていく環境を整えていきましょう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
(下記の書籍にて学んだ事になります。)

それでは、またね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。