スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの老後を考えよう!

(1)老後のそなえは大丈夫?
 ・退職後の暮らしを考えてみよう!
  ①退職後に得られる「お金」は?
   まず、退職してその後得られるお金について考えてみましょう。
   第一はもちろん退職金ですね。どれぐらいもらえるのか?労務行政研究所の調べ(2007年)では、大卒の方が平均約2300万円高卒の方ですと平均約2200万円だそうです。どうでしょうか?多いと思った方、少ないと思った方いずれもいらっしゃると思います。
   次に、老後の生活資金としては当然「年金」が支給されますね。いまのところ65歳から(何気に60歳退職から5年、なんの保障もないんですね!)ですが、支給額は目安として以下のとおりとなっています。
  国民年金:約6万6千円/月
  厚生年金:12万5千円〜20万8千円/月
  共済年金:12万3千円〜22万5千円/月

  皆さん、現在の手取り額と比べてどうでしょうか?やはり、少なくなるって方が多いんじゃないかと思います。
 ②毎月の支出額
  生命保険文化センターの調べでは「最低限の生活費」(夫婦2人)は一月当たり23万2千円。これが「ゆとりのある生活費」となると、平均38万3千円だそうです。
  上で述べた得られるお金と比べてみると明らかに足りませんね。

  平均寿命で考えてみると男性が78.56歳、女性が85.52歳です。

  退職後、男性は18年間、女性は20年間は余生が見込まれるわけですが、いつまで生きるかが分かる人間はいませんよね?

  いったいいくら貯蓄しておけばいいのか?
  はっきりいいますが、分かりません。あったらあっただけいいでしょうね。

  ちょっと不安になってきませんか?

(2)投資を始める人が増えている理由
 「投資」と聞いて、アベノミクス、NISAなど思いつく方が多いと思います。これに該当する方!かなり老後は見通しが暗いです。安倍首相が景気対策で言ってるだけでしょ!って、あなたのことですよ!

 最近、「投資」をしている方が増えているのは事実です。ですが、きちんと備えをしている方は、国の政策に便乗しているわけではありません。(1)で示した「情報」をすでに得ている方、自身が退職した後、年金の制度に不信を持っている方、さらに次で述べますが、増税を予想している方、このように「情報」を制している方が「投資」を始めているのです。「自分自身の手」で老後の保障を築いておこうと考え始める方が増えているというのが、正しいものの見方といえます。

ですが、このブログに目を通していただいている方は大丈夫。今後、アキトがしっかりとサポートしていきますので。

それでは、本日の最後に、先ほども延べた増税の話をしましょうか?

(3)社会資本への支出増加が見込まれるわけ
 漠然とは皆さんも国は借金をかなり抱えている!という事実はご存知だと思います。
 
  1000兆円超!

 これが、日本という国家が抱えている「借金」の総額です。日本の総人口から一人当たりの借金額を考えてみると、これが800万円を超える額となります。

 そして、厳然たる事実を申し上げます。この額は増えていきます。
 国の収入より支出の法が多いからです。

 今後に目を向けてみましょう・・・高齢化社会となり、働き盛りの人口は減っていきます。年金支出は増大するのに、税収は減るということですよね!

 税金・・・増額することはあっても、税率は下がることはまず考えられないですね。いや、確実に増税されるでしょう。消費税考えてみてください。この間8%に上がりましたよね。さらに10%になることも決まってます。それで、終わりますか?・・・答えが必要な方、別のブログに行ってください!

 もう、お分かりですよね。年金は増えない!税負担は増える!

 いや、素敵な未来が待ってますね!!

 いいえ、本当です。これから、素敵な老後を暮らしていくために必要なことを一緒に学んでいきましょう!!

 それでは、また次回!
スポンサーサイト

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : 投資信託 ブログ リスク

ルールを作って取引数量に変化をつけてみよう!



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3029338602469460"
data-ad-slot="3341737434">



皆さん、こんにちは。アキトです。

前回は「損切り」を前提とした取引数量の設定方法についてお話しましたね。
少し間が空いてしまったので、まだの方はこちらをご覧ください。

「損切り」をよく考えて!!トレード数量の決め方

さて、本日はタイトルにあるとおり取引数量に変化を設けてみることについて、考えてみましょう。

少しFXから離れて、皆さんは「マーチンゲール法」をご存知ですか?
ギャンブルの世界では有名です。負けていくたびに掛け金を倍が消していく方法です。
ずいぶんと簡単な言い方ですが、まあ負けが込んでも、最後には利益がでるよ!って考え方です。

でも、これってありそうで、実はありえない!
だって、みんなこれで利益が出るならギャンブル自体成立しませんから。

でも、これを少しアレンジして、前回の「損切り」前提の取引数量設定法を組み合わせれば、自分の調子なんかに合わせて利益を柔軟に増やすことも可能です。

例えば、3連敗したら1000通貨減らす。3連勝したら1000通貨追加。そして4連勝/4連敗以上なら、増減なし!って感じ。

これならその日の調子に合わせて、利益が出そうなら利幅を増やせたりできそうですよね。
でも、絶対に「損切り」を忘れないでくださいね!!
これさえ、厳守すれば元手を失うことはありませんから。

ほかにも、損失許容額を5%として設定して、10万円なら5000円が許容額、1万円の利益が出たら、11万円を元手と考えて5%で5500円を許容額として少し取引数量を増やしてみる。こういう運用もいいんではないでしょうか?「複利」の考え方に似てますね。

1000通貨での取引ではこのような柔軟な取引運用が可能なのです。
小額でも、こつこつと貯めていけば、知らずに資産は増えていきますよ。

大きな利益を目指さず、少しずつ資産を増やしていきましょうね!


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3029338602469460"
data-ad-slot="1865004233">

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引数量 FX取引高 FX取引とは

「損切り」をよく考えて!!トレード数量の決め方

皆さん、こんにちは。アキトです。

皆さん、ゴールデン・ウィークは楽しめたでしょうか?
アキトも少しブログをお休みして、好きなことに没頭しておりました。
(ブログの執筆も楽しいですが(笑))

リフレッシュできたところで、本日もFX取引の基本事項を学んでいきましょう!

タイトルにも書きましたが、取引を行う上でまず考えておきたいのは、「取引数量」です。

基本的に10万円、1000通貨(米ドル/円の場合)の取引を進めてきているわけですが、しかし、いつまでもこの額では利益はそこまで増えていかないですよね。(段階的な増やし方はすでに解説してますが)
しかし、元手10万円で2万通貨の取引では、少し負けるだけでも資産の大半を失う危険があります。

そこで自分はこの額なら負けが許せるという額を決めましょう!
大切なのは「いくら利益を出したい」という考え方よりも、この額なら損してもいいという考え方です。
いいでしょうか?FXで稼ぐには、いかに損を小さくできるかにかかっているんです!

アキトの場合は、そうですね〜、1取引あたり5000円ぐらいでしょうか?
 5000/100000=0.05×100=5%
つまり元手の5%ということです。

この損を目安とするならば、100円でエントリーした場合、損切りする幅は1円50銭となります。

そして最後にトレード数量を計算してみると
5000/1.5=3333.33・・・・

まあ、端数は切り捨てましょうか。
すると、3000ドルでのトレードで1円50銭での損切りを設定すれば、損失が出ても5000円に収まるというわけです。

どうでしょうか?
案外、むずかしい話ではないでしょう?

損失額<利益

これを念頭において取引に取り組むようにしましょうね!

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引 FX取引高 FX取引とは

ここが一番大きな利益が狙えます。「指標発表時の待ち伏せ」

皆さん、こんにちは。アキトです。
ゴールデン・ウィークですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

アキトは、まあ家でくつろいでます。

さて、本日はFX取引での利益の大きな狙い所、「指標発表時」について解説しますね。
そもそも「指標」って何?ってことなんですが、ある国の経済情勢の分析数値などのことですね。

やはり一番注目を集めるのは米国の指標で、それにもいくつか種類があります。
例えば・・・

雇用統計(第1金曜日)
NY連銀製造業景況指数(毎月15日)
GDP(毎月下旬)        (()内は発表時期)

ほかにもまだまだたくさんあります。

それでは、先週の金曜日5月1日(米雇用統計)の実際の値動きを見てみましょうか?
詳細な発表内容はおいといて、下記をご覧ください。

5月第1金曜日

どうでしょうか?
大きく値を上げているのが分かると思います。

このような経済指標発表前には予想が示されます。そして、それとは大きく乖離する数値がでると”サプライズ”ということで、大きく値が動きます。
もし、予想よりよければ、大きく値を上げますし、逆だと下げます。
今回はアキトもまだまだデモトレードだったので、気に留めてませんでしたが、何かサプライズがあったのかな?
後で調べてみようと思います。

「経済指標」は各国さまざまなものがありますが、為替相場に大きく影響を与えるのは「米国指標」。まずは、これを押さえて、代表的なものから覚えていけばいいと思います。
そこで、うまくいけば大きな利益を生むこともできますので、がんばってみましょう。

それでは、今日はここまで。

また、次回お会いしましょう!

20141225登録

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引 FX取引高 FX取引とは

通貨ペア変更!取引量変更!ー1000通貨の利点ー

皆さん、こんにちは。アキトです。

さて、本日は再び1000通貨による取引の利点について、説明していきたいと思います。

1000通貨はなんといっても柔軟な取引手法の変化に対応できますので、
通貨ペアを変えてみるというのも、一つの手です。

これまでは米ドル/円をもっぱら扱ってきましたが、金利の高い豪ドル/円、南アフリカランド/円、また個人投資家に人気の英ポンド/円もありますね。

豪ドル/円・・・90円
南アフリカランド/円・・・10円
英ポンド/円・・・183円


通貨ペアを変えた場合、「1000通貨」にこだわらず、取引量を変えましょう
1000円の利益を挙げようとした場合、米ドル/円なら、1円の値動きが必要なのは分かりますね。

ですが、南アフリカランド/円であれば、10000通貨の取引量が必要となります。動かしている値段は同じ10万円ですから、やっていることは同じですよね。

別の通貨でも、同じように換算してみれば必要な取引通過量が分かります。

米ドル/円の取引になれたら、少し始点を変えてみて、通貨ペアを変えてみるのもいいのではないかと思います。
1000通貨だと、上記のように柔軟に取引通過量が替えられるので、安心して取引できます

それでは、また次回!

テーマ : 金融・株・FX
ジャンル : アフィリエイト

tag : FX取引 FX取引高 FX取引とは

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。