FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資を始めて1000万円を貯めよう!ーその2−

皆さん、こんにちは。アキトです。
本日もブログに足を運んでいただき、ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アキトが心配するのは「老後」です。
ですが、恵まれた環境にあるわけでもありません。
アキトはよくも悪くも中産階級です(もうちょっと下かな?)。

そんなアキトが今後を見据えて、小額から投資を始めようと考えています。
ここでは、そんなアキトが実践していく小額投資を皆様にご覧いただき、投資を始めようとしていら
っしゃる方々のお役に立てればと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日に引き続きまして、本日は具体的な貯蓄達成の手段について見ていきたいと思います。

ステップ5 「お金」は急には貯まらない〜複利という考え方〜
多くの方は「お金」のふやし方についてまず考えるのは銀行への預金だと思います。
このごく一般的な「お金」のふやし方でも、知っておくととてもお得なことがあります。

それは・・・「複利」というものです。

それに対して普通適用されているのが「単利」というものですね。
この2つについて、具体的にどのような差が発生するのか見てみましょう。

○年5%の「単利」・・・毎年、元本に対する5%の利益を受け取っていくものです。
100万円貯金して、10年後に受け取る額は下の通りですね。
 100万円×利息5万円×10年間=150万円
○年5%の「複利」・・・毎年発生する利息を元本に併せていくものです。
100万円貯金して、10年後に受け取る額は
 初年度・・・100万円+利息5万円=105万円
 2年目・・・105万円+利息5.25万円=110.25万円
 3年目以降も同様に元本の増加分に利息を加えていく
 ⇒10年後・・・1,628,894円
※なんと、受取額が13万円もアップしてますね!
⇒”複利”の考え方は「お金」をふやす上で、とても重要なので覚えておきましょう!

ステップ6 「積立投資」の賢い利用法
○「投資積立」とは?・・・積み立てるお金を投資信託のような金融商品へ「投資」を行う方法
  これは、初心者でも比較的リスクが少なく行える投資法です。
  そして、この投資方法は「ドルコスト平均法」と言われます。
   投資商品の価格は変動しますよね?でも、毎月の購入額を一定にして積み立てるのをこういいます。
 ⇒もう一度まとめると、「一定金額」を「一定期間」「一定の証券等」に投資する方法です。
  このとき、高値の時は・・・購入口数が減少
       安値の時は・・・購入口数が増加
  となり、結果平均購入単価を引き下げることが可能になります。
なんとなく、分かるとは思うのですが、具体的な数値を例に見ていくとしましょう。
○毎月1万円ずつ、6ヶ月間、Aという投資信託に投資していく
これを3つの場合にわけて考えてみましょう。
①「上昇している相場」
 1月:1口1000円→10口購入
 2月:1口1200円→8.3口購入
 3月:1口1400円→7.1口購入
 4月:1口1600円→6.2口購入
 5月:1口1800円→5.5口購入
 6月:1口2000円→5口購入
すると、総口数は42.1口となり、6月の基準単価2000円をかけて84000円となります。
実際に投資した金額は60000円ですので、差額の24000円が利益となります。

②「変動している相場」
 1月:1口=1000円→10口購入
 2月:1口=800円→12.5口購入
 3月:1口=500円→20口購入
 4月:1口=500円→20口購入
 5月:1口=800円→12.5口購入
 6月:1口=1000円→10口購入
すると、総口数は85口となり、6月の基準単価1000円をかけて85000円となります。
投資額60000円との差額、25000円が利益となります。

③「下降している相場」
 1月:1口=1000円→10口購入
 2月:1口=800円→12.5口購入
 3月:1口=500円→20口購入
 4月:1口=100円→100口購入
 5月:1口=100円→100口購入
 6月:1口=400円→25口購入
すると、総口数はなんと、267.5口となり、6月の基準単価は400円ですが、107000円の総額となり、投資額6万との差額から47000円!!もの利益を生み出すことになります。
※「相場が下がっているときでも、一定額を購入し続けること」がポイント!
  →したがって、購入口数をふやすことができたので、結果的に下がっている相場でも利益をうむこととなったのです!

ステップ7 一時金が貯まったら
それでは、一時金が貯まってきたら今度は一括して金融商品を購入して利益を上げましょう。
「一括投資」の商品選びのポイントとなるのはどういった点になるのでしょうか?
株式投資を例に見てみましょう。
 100万円でA社の株を購入→この場合、100万円が基準線となり、上がれば勝ち、下がれば負けというわけ
               です。
 次のような値動きをしたとします。
  1月目:20%上昇→120万円
  2月目:50%下落→60万円
  3月目:40%上昇→84万円
上昇率だけをみるとなんか10%ぐらい利益でてそうですよね?
でも、実際に計算してみると16万円の損失を生んでいます。
※一括投資の場合、一度大きく下落すると取り返すは大変なのです!
 ⇒一括投資の場合は、なるべく”値動きの少ない”金融商品を選ぶのが重要なのが分かっていただけると思います。

ステップ8 「PLAN→DO→SEE」の重要性
投資を始めてから重要なのが上記の「PLAN→DO→SEE」です。
なぜなら、「計画」は想定通り進むことは難しいからです。
 ⇒「計画」を立てる→どう「実行」する→継続的に「見直し」を行う・・・※これが重要になります!
また、長期に渡って「お金」をふやしていくことになりますので、それを取り巻く環境が変わっていくことも考えておかなければなりません。
 ・仕事が変わったり、家族構成が変わったり、収支の大きな変動があったりした場合など
 ⇒このような場合にも「計画」の見直しが必要になるのは、もう皆さんお分かりですよね。
また、特に何か変化がない場合でも、1年に1回は自分の計画の進捗状況を確認する機会をもちたいものです。

最後になりますが、アドバイザーとの賢い付き合い方も考えておきましょう。
※「お金をふやす」という行為には金融機関窓口担当者以上の金融知識を持っているアドバイザーを持つことが非常に重要です。
→それでは、適任者とはどういう人か?
⇒「資産運用」を専門としているファイナンシャル・プランナー(FP)
  かつ
 金融庁が所管している投資助言業の登録をしている個人・法人
となります。
相談するにはやはり料金がかかりますが、自分に合った「お金のふやし方」が手に入るのであれば、活用すべきでしょう。

以上、「投資のプロを教える初心者でも失敗しないお金のふやし方」に基づき、投資の基礎知識を確認してきました。
まだ、勉強すべき点は多々あるので、継続的に学んでいきたいと思っています。
それについても、ブログでご紹介していきますので、皆さん一緒に学んでいきましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、またね。


スポンサーサイト

投資を始めて1000万円を貯めよう!

皆さん、こんにちは。アキトです。
本日もブログに足を運んでいただき、ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アキトが心配するのは「老後」です。
ですが、恵まれた環境にあるわけでもありません。
アキトはよくも悪くも中産階級です(もうちょっと下かな?)。

そんなアキトが今後を見据えて、小額から投資を始めようと考えています。
ここでは、そんなアキトが実践していく小額投資を皆様にご覧いただき、投資を始めようとしていら
っしゃる方々のお役に立てればと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日から明日にかけて、具体的な目標設定とその為の手段について考えていきたいと思います。

冒頭でも書いているとおり、アキトは「老後」のことを念頭に置いています。
そして、漠然としてではありますが、そのために「1000万円」の貯蓄が妥当な線かな?と考えています。
この額はたまたま、指南書とした「投資のプロが教える初心者でも失敗しないお金のふやし方」とも合致していました。
それでは、今回お話する内容の概略をお伝えします。
・まず、「目的」=「1000万円」の貯蓄
 これは貯める為の「目的」であり、それを達成する為には「お金」や経済の知識が付き、最後には大きな”達成感”を味わうことができます。そしてこの額が貯まれば、「人生の選択肢」を大きく広げることも可能です。
・そして、そのための手段
 確実な預貯金や、多少のリスクをかぶって投資商品を選択し、ある程度の額を確保します。
・最後に、それを元手に「資産運用プラン」を作成(元本割れを起こしにくい金融商品・投資方法を組み合わせる)し、「目的」を達成します。

これから、具体的にステップを踏みながら、内容を見ていきましょう。

ステップ1 まずは「目的」を明確に
 最初にも述べましたが、しっかりと「目的」を設定しましょう。先ほどは「1000万円」という額を設定しましたが、必要なのはそれにより何を得たいか?ですよね。
 アキトは当然、安心な「老後」ということです。

ステップ2 「いつまでに」の意識をきちんとさせよう!
 「いつまでに」を設定することで、達成意欲も湧いてきます。
 アキトは10年後、2025年までを設定しました。

ステップ3 家計の現状分析
 それでは、前進するために家計の現状を確認します。
 ここでは、さすがに手取りいくら、なんて言えませんので、個人的に確認するとして、加えて収入を増やす道も考えてみましょう。
 ですが、副業も次の3点を満たす必要があるそうです。
 ①本業に影響を及ぼさないこと
 ②自分の将来の為にプラスになること
 ③いやいや「お金」のためになるような仕事でないこと
う〜ん、手軽にはじめられるものだと、せどりなんか最近はよく聞きますね。

ステップ4 キーワードは”支出の見直し”
 先ほどのステップで家計の状況を確認しましたが、その支出面の見直しです。
①クレジットカードの枚数を減らす・・・1、2枚が理想
 アキトもカードは持ってますが、基本的にはauウォレット、楽天のVISAデビッド、ろうきんのVISAカードの3枚です。目的別に管理できてるので、現状維持でいいのではないでしょうか。
②リボ払いは即刻やめる
 クレジットカードの支払いでリボ払いってよく聞きますよね。カード会社からの通知などでもよく目にします。ですが、年利18%前後らしいです。非常に高額な金利なので、もし行っている方がいらしたら、即刻やめましょう。アキトはやってませんのでOKです。
③保険料の見直し
 アキトは職場の保険に入っており、半年払いの掛け捨てです。支払額も高くないのでこれも現状維持で問題ないと思います。

ステップ5からは具体的な貯蓄方法にも触れていきますが、それはまた明日にお届けしようと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、またね。



「投資」により「お金」をふやす基礎知識

皆さん、こんにちはアキトです。
本日もブログに足を運んでいただき、ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アキトが心配するのは「老後」です。
ですが、恵まれた環境にあるわけでもありません。
アキトはよくも悪くも中産階級です(もうちょっと下かな?)。

そんなアキトが今後を見据えて、小額から投資を始めようと考えています。
ここでは、そんなアキトが実践していく小額投資を皆様にご覧いただき、投資を始めようとしていら
っしゃる方々のお役に立てればと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日も引き続き、投資を始めるにあたっての心得として、「お金」をふやす基礎知識について、考察したいと思います。

まず、「お金」に対する自分の性格を知っておくことが大事です。
ふつう、「お金」には以下のような考え方があります。
①トラブルを引き起こす”汚いもの”
②お金があれば”幸せになれる”
③お金の保有量によって”ステイタス(権威)”も上がる
④倹約や貯蓄を重視する”慎重なタイプ”

さて、読者の皆さんはどのような考え方をお持ちでしょうか。まずは客観的に自分の「お金」に対する考え方を認識してみましょう。そうすれば、失敗を未然に防ぎ、得意な方法で「お金」と付き合い、ふやしていくことができるようになります。

次に「お金に色はついていない」といわれることについて。どのような方法で稼ごうと、お金の価値は変わらないということですね。

しかし、本当にそうでしょうか?

ギャンブルなどで儲けた「お金」と自分自身が努力し、計画的に貯めた「お金」・・・
一緒でしょうか?後者の方がより「価値のあるお金」ではないでしょうか?
アキトは明確に老後のためという目的があります。「将来のための資産形成をしっかり行う」といった”心構え”が必要だと断言します。

それから、これこそ一般的に思われていることだと思いますが、「「お金」があれば幸せになれる。」ということ。
おおむね、次のような考えでしょう。
「お金がある」→「自分の好きなものが買える、好きなことができる」→「だから、幸せな生活がおくれる」
こういう考えで富裕層は「幸せ」に違いないと考えるのです。
しかし、皆さん考えてみてください。そもそも「幸せな生活とは何か?」
「幸せ」とは「お金」で与えられるものではありません。フランスの思想家モンテーニュは次のように述べています。
「幸せはすべて、その人の中にしかない。どこかに探してあるものではなく、その人が決める問題である」
と。
考えるに”感謝”できる人は、「幸せを感じることができる」のではないでしょうか?このように自分で幸せを感じることができるかどうかが肝心なことであって、大切なのは「幸せ感」を持って生きていけるかどうかです。

「お金」というものはそうゆう人たちが得たときに、さらに”幸せ感”を増すものなのです。

それでは、今後について少し具体的なことにも触れていきます。
「資産運用」「投資」「投機」とはどう違うのか、ということです。
まずは、簡単に上記3つを区分けすると以下のように考えられるのではないでしょうか?
①資産運用=自分自身の生活設計のために、資産を管理(運用・保全)していく行為
②投資=株式や債券、FX(外国為替証拠金)取引
③投機=一獲千金を狙い、お金をつぎ込むような場合

それでは、もう少しつっこんで、「資産運用」の面から掘り下げてみましょう。
「資産運用」は「投資」(積極的にお金を増やす)と「貯蓄」(確実にお金を蓄える)の二つに分けられます。
その面に照らして考えると上記の「投資」と「投機」はこう言い換えられるでしょう。
「投資」=資産増量のための明確な目的がある
「投機」=明確な「目的」を持たず、短期間に大きく儲けようとする行為。”賭け”とも言える。
     (継続的に成功する確率は非常に低い)
つまり、「投資」をしていこう!とする場合、「資産運用」の切り口で臨みたいと思うのです。
資産運用の位置付けを確認します。
 貯蓄=人生設計の為に資産を確実に蓄えること
 投資=人生設計の為に資産を積極的に増やすこと
 投機=人生設計のない投資行動のこと
  ↓
「資産運用」=人生設計の裏付けとなる資産管理→貯蓄+投資

「時間」と「お金」の関係を見てみましょう。
世の中で一番幸せな人=「自分の時間を有効に使うためにお金を稼ぎ、そしてそのお金で自分の時間を有効に使う
            」というサイクルを持っている人
とすれば、「投資」に関してはこう心がけるべきではないでしょうか。簡単です。
「ムリなことはせず、できることをする」
ムリをしてFX取引を勉強して取り組むのではなく、自分の目的に合ったやり方で、「お金の運用」を考え、「時間」を有意義に使っていくことこそが重要なのです。

それでは、実践的な内容にも少し触れていきましょう。
どのような「金融商品をえらぼうか?」ということです。
ですが、ここで自分と「お金」の関係をしっかりと頭に入れておきましょう。
「自分=主、お金=従」
という関係です。
それでは、人間が「お金」を支配するにはどうしたら良いでしょうか?
それは「目的」(=何のためにお金を増やさなければならないのか)をしっかり持つことです。
この「目的」を決めることで、「手段」=どのようなお金の貯め方で、どのくらいの期間、いくらぐらいの資金で、どの程度の利益を目標とするのか?といったことが徐々に決まってきます。
その時、初めてに自分に有効な金融商品が見えてきますよね。決めるのはそれからです!

ですが、ここで「一番確実に、お金を増やす方法は何か!?」考えてみます。
それは「本業で稼ぐこと」です。
お金を確実に増やすには、まずは着実に本業で稼ぎ、その資金を使って貯蓄や投資などの「資産運用」に取り組んでいきましょう。間違っても、本業に悪影響を及ぼすような「投資」はしないようにしましょう。

最後に、「自分」への投資を忘れずに行いましょう!
「投資」を行う上で、優先的に行いたいのは「自分」への投資です。
そうやって、自分がスキルアップすれば、本業で稼ぐことはもちろん、起業して利益を生み出すことも不可能ではありません。
着実に「お金」をふやしていくためにも、継続的に自分自身へ投資していきましょう!!

・・・前回に引き続き、投資を開始するにあたっての心得を書きつづりました。
今後、投資で稼いでいくためにも大事なことなので、読者の皆さんも頭の片隅にでも入れておいていただければ幸いです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

それでは、またね。


お金を失う要因を排除しようー投資を始めるにあたってー

皆さん、初めまして。
アキトと申します。ブログに足を運んでいただき、まことにありがとうございます。
興味を持っていただけたら、今後もよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆アキトが心配するのは「老後」です。
 ですが、恵まれた環境にあるわけでもありません。
 アキトはよくも悪くも中産階級です(もうちょっと下かな?)。

 そんなアキトが今後を見据えて、小額から投資を始めようと考えています。
 ここでは、そんなアキトが実践していく小額投資を皆様にご覧いただき、投資を始めようとしていらっしゃる方々のお役に立てればと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、初めての投稿となります。
まず始めに、投資を開始するにあたって、心得ておきたい(おいてほしい)事を書いていきます。

それは、お金を失う要因をまずは排除しておきたいという事です。

ではその要因とは何か?

それは以下の3つです。
 ①「騙される」ということ
 ②「貸す」という行為
 ③「浪費する」ということ

まず、①ですが、多くの騙される方々というのが、実は大半が「自分」には関係ないと考えている人なのです。
そして、②ですが、お金を「貸す」ということは日常でもよくある事なのですが、これが案外返されない事が多いという事を理解しておいてください。
最後に③ですが、これは「無計画なお金の使い方」を避けるということです。

それでは、この3大要因について、もう少し詳しく述べていきたいと思います。

①「騙される」=「詐欺事件」はなぜ起こるのか!?
皆さんは「射幸心」、ご存知でしょうか。私も投資を始めるにあたって初めて出会った言葉なのですが、その意味するところは「人間の心理として幸運を得ることを願う気持ち」ということだそうです。勘の良い人はもうお分かりですね。そう、詐欺事件はこの「射幸心」をくすぐることで、「そんなうまい話はない」と日頃言っている人を思考停止状態におき、詐欺に遭わせるのです。
 「この商品を買えば、3年で倍になる」
 「元本保証でしかも、金利が10%つく」
こういううたい文句をで、先の「射幸心」をくすぐるわけです。

詐欺事件の共通点を上げておきましょう。
 ①「元本保証」をうたう
 ②「高配当」の約束
 ③「仕組みが複雑」ー「新しい仕組み」「画期的な仕組み」をうたう
 ④「ねずみ講」のようなシステムー被害者がまた被害者を生んでしまう

これらをふまえた上で、騙されないためには・・・
「わからないのも」には手を出さない!ということですね。

②「貸す」という行為ーお金を「貸す」とどうなるのか!?
お金を貸すときですが、通常は100円、1,000円といったことが多いでしょう。ですが、問題となるのはいろんな要因から数万円、数百万円、数千万円といったお金を用立てなければならなくなったときです。
たとえば、「会社の経営が苦しい」といった場合などですね。こういうとき、金融機関からは借りられず、金利が若干高くなりますがカード会社へ、それでも無理な場合はヤミ金融へと借入先を替えていくのです。しかし、ヤミ金融へ到達する前に、親族、友人、知人などその人にとって本当に大切な人たちへと目が向かいます。
彼らも見栄もありますから、貸してしまうでしょう。しかし、お金が返ってくる事はまずありません。結果として悪ければ借り主は自殺したり、あるいは「自己破産」するでしょう。そのとき大切な人たちはもういません。そして「貸した人」も裏切られた感がつのります。
お金の貸し借りは、「絶対しない方がいい」のです。

③「浪費するということ」ー「浪費とは?」
皆さんは1年間にどれだけのお金を使っているでしょうか?
それは、簡単にわかります。1年間の手取り金額から手元に残っている金額を引けばいいのです。

どうでした?

案外使っているのではないでしょうか?それも、何に使ったか思い出せない!
これが「浪費」です。
これをふせぐ実践的な方法はお金の使い道を「予算化」することです。
そして、家賃などは自動引落にし、遊ぶお金など自分が管理する必要があるものは封筒に予算額を入れて、「見える化」することです。
自分が重宝しているのがauウォレットです。予算額だけをチャージして、それに達したらもうその月はおしまいです。

以上「お金を失う3大要因」について述べてきました。
まず、お金を増やす前に、減らす要因を排除しましょう。そうしてお金をふやしていく環境を整えていきましょう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
(下記の書籍にて学んだ事になります。)

それでは、またね。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。